コンテンツSEO 「元ネタ」自動リサーチツール|User Contents Search(ユーザー・コンテンツ・サーチ)の特徴と効果的な使い方

コンテンツSEO 「元ネタ」自動リサーチツール|User Contents Search(ユーザー・コンテンツ・サーチ)の特徴と効果的な使い方

コンテンツSEO 「元ネタ」自動リサーチツール|User Contents Search(ユーザー・コンテンツ・サーチ)の特徴と効果的な使い方

コンテンツSEO 「元ネタ」自動リサーチツール|User Contents Search(ユーザー・コンテンツ・サーチ)

 

商品名やキーワードを入力し、ワンクリックするだけで、自動的に口コミ・レビュー・評価の記事をリサーチ(収集)してくれるツールです。 コンテンツの元ネタ集めや商品、キーワード・リサーチにも役立ちます!|コンテンツSEO 「元ネタ」自動リサーチツール|User Contents Search(ユーザー・コンテンツ・サーチ)"

 

"情報収集を十分に行わないと、適切な商品のプロモーションなどを行えるコンテンツ作成が難しくなります。とはいえ、情報収集は時間がかかる作業なので、効率的に行うための工夫をしなければなりません。

 

そこで役経つのが「User Contents Search」というツールであり、キーワードではなくコンテンツ作成の際に使える元ネタをサーチして集めてくれます。このコンテンツリサーチの機能を駆使することで、コンテンツの質を高められるので、効率的にSEO対策を行うことが可能です。これから質が重視される方向にシフトしていくのは間違いないので、大いに活躍してくれることでしょう。

 

個人の状況に合わせたスタイルで使えることも特徴の一つです。たとえば、インターネット上の口コミを集めて、それを連結させる形でベースとして、自分の記事を作成している人もいます。もちろん他人の書いたものを使うときは著作権に十分に気を使う必要はありますが、適切に用いることで忙しくてもホームページやブログを更新していけます。

 

リサーチの対象となるサイトが複数あるので、それらをうまく組み合わせたり使い分けたりすることで、オリジナリティを出せるようになるでしょう。自動でリライトする機能は搭載されていませんが、それによって個性を出しやすくなっているので、必ずしもデメリットというわけではありません。

 

また、記事の元ネタにするだけでなく、自分のビジネスに必要な分析に使うのも効果的です。生の感想を迅速に集められるので、アフィリエイトをしている人であれば商品のニーズを把握するツールとしても便利です。わざわざレビューサイトを見て回る必要がないので、利益に直結しそうな商材を選びやすくなります。

 

どのような悩みを抱えている人が多いのか分かりますし、これからブームになりそうな商材を予想することも可能です。このように多角的な使い方をするとコストパフォーマンスが高いと感じられるでしょう。

トップへ戻る